自費の治療になる

インプラント

埼玉でもインプラント治療は歯周病などで歯を失ってしまった人々から注目されており、噛む喜びを取り戻すことができたなどの声が多くある治療法です。この治療法は人工の歯根を顎骨の中に固定し、その上から光沢がある美しい義歯をかぶせることで失った歯を補う歯科治療になります。人口の歯根を顎骨の中に固定するには高い専門的な技術が必要とされ、専門的なクリニックなどで治療を受けます。この治療は保険は原則使えませんが、保険診療の治療にはない大きなメリットがあり、歯を失った人々からとても注目されています。そのメリットは、他の歯に負担をかけずに治療をすることができるという点で、保険でカバーされる入れ歯などでは、両側の歯を削って義歯を固定する方法が採用されており、健康な歯を削る必要があります。けれどもこの治療法はピンポイントの部分のみ治療すればよいため、他の歯に負担がかかりません。

こんな点に注意が必要である

男性

インプラントは補綴治療の選択肢の一つで、歯を失った部分に人工歯根を埋入することで歯を固定する治療法になります。埼玉でもインプラント治療は昨今とても注目されており、自身の歯でもう一度間で食事をしたいといった人々の間で人気があります。この治療法は保険の治療にはないメリットがあり、希望する人もとても多い治療法になりますが、気を付けるべき点があります。まず、人工歯根を埋入して固定させるための十分な顎の骨があることが必要となる治療法になりますので、顎骨が十分なければ治療をしてもらえない点が挙げられます。その理由は、薄い顎骨の中に人口の歯根を固定しようとしてもきちんと固定できないためで、顎骨の中を人工歯根が突き抜けるリスクなどもあります。そのため、顎の骨がしっかりと人工歯根を固定させるのに十分な量あることが埼玉でも治療を受けるための前提条件とされています。けれども、現段階で十分に骨の量がない場合でも、骨の量を増やすための治療を受けることでインプラント治療を行うことは可能です。顎の骨は、歯周病などで歯を失ってしまった場合には、すでに少なくなっていますので、こうした骨を増やす治療を受けることでインプラントが可能になります。また、治療を行った後は定期的なメンテナンスが必要とされるため、一定期間を開けて歯医者でメンテナンスを受ける必要がある点も事前に知っておく必要があります。きちんとメンテナンスを受けなければ、長持ちしないこともありますのでこの点は気を付けることとして挙げられます。

広告募集中